4月28日(金)

ただ今12:30です。

今日は週末で、月末。
昨日のECBからの動きは悪く、NY後場はとても狭いレンジでした。

ドル円日足
2017年4月28日ドル円日足

ドル円1時間足
2017年4月28日ドル円1時間足

いまだに狭いレンジです。
上はMA20=111.25円
下はMA75=111.00円

この狭いレンジ、上抜けか。下抜けか。

落ちた場合
・111円台をキープできるか。
・どこで下げ止まるか。

上抜けた場合
・月足陽線転換ポイントまでいくか(111.76円)
・上げ止まりはどこか。

戦略
・狭いレンジを抜けて、1時間足で方向感が出てからのトレード。
・5分足でトレンドと逆方向の『サイン1』でポジション持つ。
(FPラインや、MAと重なれば、尚良い。)

昨日は深夜の値幅の狭いレンジに引っかかって微損切りを重ねました。
これは私の典型的な負けパターンです。
あと、損切りや利益確定が遅れて、マイナス転換。

でも今は損切りになってもいいから、ポジポジにならないように気を付けながら、躊躇せずトレードすることを心がけています。

ただし、自宅にいるときだけ。今のところ。

以前のように、外出用スマホトレードを、また再開してもいいんだけれども。
そのためにはちゃんとチャート分析をして(週末分析日足トレード的でいいから)戦略たてて、相場の流れを把握してから。

今週末は

9時から15時:テスター
15時から21時:分析

ざっくり計画立ててみました。
土曜日と日曜日に分けるよりも、細かいスケジュールにしたほうが、実行しやすい気がします。
スポンサーサイト

4月27日ドル円

ただ今12:30です。

12:30
日銀、金融政策の現状維持を決定。

15:30
黒田日銀総裁会見
20:45
ECB政策金利、声明発表
21:30
ドラギ総裁会見

ドル円日足
2017年4月27日ドル円日足

ドル円1時間足
2017年4月27日ドル円1時間足

昨夜は、税制改革の発表。
ムニューシン財務長官
「連邦法人税率を15%に、所得税の最高税率を現行の39.6%より35%に引き下げ、減税の財源は経済成長により賄われる」

元々、税制改革『案』であることから、事前より市場の期待値はそれ程高くなかった。
しかし市場の反応は明らかなSell the factで、ダウは序盤の上げ幅を全て失いマイナス圏に沈没。
米長期金利は低下。
全般仏大統領選第一回の結果判明後のリスクオン局面の調整場面となった。

テクニカル的には、111.70円を何度も試すも上抜けず、下落。
引き続き、月足始値のプライスは意識していこうと思います。

そして、日足フィボナッチ38% 111.975円。

下値は、111円をキープできるか。

1時間足MA20 111.3円がレジスタンスに?

と思いながら12:30に一瞬がくんと落ちたところでショートポジ持つも、
すぐに値を戻したので、この後も仕事が山積みのため、10pで損切り。
しなくていいトレードというか。
しなくていい損切りというか。

NYまでチャート見れません。
今のところ、様子見ムードな値動きだと感じます。

本日の高値 111.395円
本日の安値 110.987円

111円を割ることができずに再び上昇するのか。
111.4円を上抜けずに再度下落か。

どちらかというと、今の相場はユーロ・ポンドと欧州通貨で動いている感じなので、ドル円はやりにくいかも。
トレードするときは、ユーロドル、ユーロ円の動きをみながらしたほうがいいですね。

4月26日ドル円

ただ今12:30です。

ドル円日足
2017年4月26日ドル円日足

ドル円1時間足
2017年4月26日ドル円1時間足

昨日あれだけ【110円】って言ってましたが、結局ポジション持たず。
(仕事中だったのでポジション持っちゃうと集中できないので)
帰宅後の20時過ぎに110.4円でポジション持つか躊躇してるうちに急騰。
そして111円超え。

2大イベントを無事通過して、市場はリスクオン相場。

ユーロの買い戻しがすごいので、今一番良いのは、ユーロ円ロングかと。
(月曜日から、ドル円とユーロドルの動きが同じだったので、ユーロ円が良いような気はしてました)

ドル円今月の始値は111.59円なので、ここを超えると月足が陽線に。

日足的には、MA200・MA20より上に位置しているので、メインは上目線かなと。

今日の注目ポイント
・111.59円を超えるかどうか。
・111円をキープするかどうか。

注目ライン
・111円
・110.88円(1時間足MA20)
・110.76円(週足FP4)
・110.61円(日足P)
・110.25円(日足FP3)
・110円(MA75)

戦略
押し目買い
ただし、
今日の高値を超えられなければ、ショート
今日の安値をした抜けなければ、ロング

揉んだあとにブレイクした翌日は、懸念材料がなければ、さらに伸びやすい・・・ように思います。
懸念材料・・・なくはないけど。
トランプ大統領の財政改革案の件。

4月25日(火)ドル円

ただ今12:30です。

ドル円日足
2017年4月25日ドル円日足


ドル円1時間足
2017年4月25日ドル円1時間足
 日足のライン(109.58円)がみごとに効いていました。

今日の注目ポイントは
・110円が定着するかどうか。
・今日の日足は陽線かどうか。
・日足MA20より上か下か。

ドル円5分足
2017年4月25日ドル円5分足

今のところ、5分足では、MA20とMA200より上にいます。
ここから、110円割らずに、MA200=109.85~90円を割らずに、いるかどうか。

1時間足も今のところMA20より上ですが、こちらも109.9円を割らずにいるかどうか。

方向感が出ていないので、今日は、サイン1での逆張り(レンジトレード)を考えています。

ドル円10月27日(木)

105円突破です。

ポイントは

・1時間足・5分足ともMA200より上⇒上目線

・前日のレジスタンスがサポートに転換

・上昇後のサポレジ転換

毎朝の戦略動画の時に、
必ずチェックすること。

・前日の高値と安値

特に、高値更新・安値更新したあとは・・・

前日の高値を超える動き
前日の安値を割る動き

重要ですから!!

10月27日ドル円

10月27日ドル円5分足

やりやすい相場でした。
素直にチャートが見れるかどうかが生死の分かれ目かな。
あと、環境認識がやはり重要です。

105円割れを狙ってショートしたひとのストップがあったからこそ、
105円を勢いよく超えて105.33円まで値を伸ばしたのでしょう。

でも偶然?(←失礼な)
週足R4:105.35円のレジスタンス力はすごい!
一週間前に引いたラインなのに。。。

大きい時間足の示すものは説得力があるということか・・・
週末に時間を取って検証してみよう。
プロフィール

CT110

Author:CT110
日々の分析・戦略など。
試行錯誤しながら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR