10月4日(水)指標など

10月4日指標

17:30 英 サービス業PMI
21:15 米 ADP全国雇用者数
23:00 米 ISM非製造業景況指数
4:15 米 イエレンFRB議長発言

昨日は17:30に英 建設業PMI があるのを見逃してました。
まあこの時間にトレードは出来なかったんですケド。

結果は予想より悪く下落。
その後は戻したりしながら基本、下落。
ドルの動きのほうが強かったように思います。
ドル円が下がればポンドドルよりポンド円の方が下がる、みたいな。

ブレグジット交渉も難航しそうなので、不安定な状況の間は、積極的な買いは入らなさそう?
こんな時だからこそチャートに忠実に丁寧にトレードしていこうと思います。

それぞれの通貨の「節目」に注目してのトレードの方がやりやすそうです。
スポンサーサイト

10月3日(火)指標など

10月3日指標

昨日は朝からドル円、ユーロドル、ポンドドルなどがとても良い動きをしていました。
NYに入ってもじゅうぶんトレードできた動きでしたが、そういう時に限ってできてません。

今日は12:30からのRBA以外は何にもない感じ。
昨日が派手に動いてたんで、今日は材料不足で動かないかな?
いちおうチャートはきちんと見ますが。

明日の17:30英サービス業PMIが注目かな。
相変わらずまだしばらくはチャートちら見しながらテスター三昧な感じ。

9月15日(金)指標など

本日の指標
9月15日指標

昨日のランチタイムにはなかった

0:15 カーニー総裁記者会見

ちゃんとこまめにチェックせんとあかんね。

本日の指標の注目度、影響力は、どうかな。
今朝7時に北朝鮮ミサイル発射。
さすがにこう続くとリスクオンの雰囲気じゃあなくなった感じする。
それもあって、今夜の指標の結果とその後の動きに注目しなくちゃ。

と言いながら、チャートの形を見て、トレードするけど。

ファンダメンタルズをトレードにどう活用するかがやっとわかってきた感じ。

そしてテスターの重要性も。

9月14日(木)指標など

本日の指標など
9月14日指標

注目のBOEは20時から。
カーニー総裁の発言は20時30分から。

スイス中銀の政策金利発表は16時30分から。
スイスフランは取引してないけど、一応、チェック。

今までのようなドル円戦略はたぶんもうしないと思います。
してても全然、戦略通りにトレードしてないから。
結局は、夜にチャートを見た時に、その形から戦略決める感じだし。

それだったら、日足チャートを毎日、ランチタイムに見たほうがいいかな。

それとも、前日の通貨強弱とか、株価や原油や金利なんかのデータを記録し続けて、
なにかを把握したほうがいいのか。

試行錯誤はまだまだ続きそう。

でもランチタイムに指標チェックは必ずやったほうがいいな。

9月4日(月)ドル円

本日はLavor DayのためNY休場。

昨日の北朝鮮水爆実験を受けて やはりの大きな窓開けスタート。
窓を埋めてはいないものの、開けたぶんだけしょっぱなは
クロス円はどれも勢いのある戻しの動きでした。

今日はこのあと動く気がしないのですが
日課なので分析と戦略うpします。

ドル円月足

9月4日ドル円月足


ドル円週足

9月4日ドル円週足


ドル円日足

9月4日ドル円日足

まぁこんな感じです。

このような大きな時間足の形をしっかり把握しながら
60分(→15分)→5分→1分
のトレードを丁寧にしていくだけです。

動かない時の動きもしっかり監視します。
日課の英語をやりながら^^
プロフィール

CT110

Author:CT110
日々の分析・戦略など。
試行錯誤しながら。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR